• 清华大学国情研究院
    【编者按】2019年6月18日晚,清华大学国情研究院『国情讲坛』第31讲在公共管理学院报告厅开讲。同济大学同济特聘教授,同济大学政治与国际关系学院院长、中国战略研究院院长门洪华就“贸易摩擦背景下的中美...
    发布时间: 2019 - 07 - 18
  • 《人民论坛》杂志及人民论坛网微信
    来源 | 《人民论坛》杂志及人民论坛网微信作者 | 清华大学公共管理学院教授、博导,清华大学国情研究院院长 胡鞍钢习近平总书记立足于社会主义初级阶段的总依据,明确提出实现中华民族伟...
    发布时间: 2017 - 09 - 04
  • 央视财经频道《对话》栏目
    在一项由“一带一路”沿线20国青年参与的评选中,高铁、支付宝、共享单车和网购被称作中国“新四大发明”,成为外国友人“最想带回自己国家的生活方式”。近日,央视著名《对话》栏目以中国“新四大发明”为话题,...
    发布时间: 2017 - 09 - 12
  • 简介本书收录了清华大学国情研究院2015年度重点研究报告。书内文章的作者均为清华大学国情研究院或者国内相关领域知名专家学者和研究机构;使用的数据和资料均来自公开出版物或者作者的调研成果,不涉及任何国家...
    领域:
  • ▷ 这是一部颠覆当今关于民主、共和普遍概念的扎实的学术研究著作。此书以翔实的史料和严谨的分析证明,在过去2600多年历史的绝大多数时间里,实现民主、共和理念的主要方式是抽选而不是选举。全书各章分...
    领域:
  • 【内容提要】 冷战结束以来,全球格局并未因分化重组而明朗,引起了广泛的争论。本文引入马克思“两极相联”概念,并加以拓展, 用以概括全球秩序趋向。随着中国综合国力不断提升,中国逐步成长 为全球...
    领域:
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
  • 中国经济发展与发展政策
    胡鞍钢,1953年生,中共十八大代表,现任清华大学国情研究院院长,清华大学公共管理学院教授、博士生导师,在国内外享有盛誉的国情研究(当代中国研究)领域的开拓者和领军人物。先后兼任国家“十一五”、“十二...
    领域:中国经济发展与发展政策
  • 国务院学位委员会化工学科评议组召集人(第三届、第四届)。北京市政府专业顾问(第四届至第六届)、中国颗粒学会、中国化工学会常务理事,中国生态经济学会副理事长,中国环境学会顾问。北京化工大学、哈尔滨工业大...
    领域:
  • 中国政治与社会,政府腐败与治理,社会主义国家政治经济转型
    清华大学国情研究院客座研究员,美国哥伦比亚大学巴纳德学院政治学教授兼任哥伦比亚大学东亚研究中心教授Xiaobo Lü, Professor of Political Science, joi...
    领域:中国政治与社会,政府腐败与治理,社会主义国家政治经济转型
  • 发布时间: 2014 - 07 - 01
    常见的解决方法是把触控屏幕搭配整合触觉反馈模块,再利用系统底层的互动设计,去改善HMI表现,或透过模拟去达到接近原有实体按键的操作体验,目前虽然整合触觉反馈的行动装置有限,碍于硬件成本可能会因此增加,但随着平板计算机、智能型手机等触控面板持续增大,虚拟键盘应用比例逐渐增加,也会令触按反馈的解决方案使用需求逐步提升。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。

国情報告 経済大国中国の課題

日期: 2007-12-21
浏览次数: 17
作者:



著者 胡鞍鋼 著 ,王京濱 訳


ジャンル 書籍 >単行本 >経済

刊行日 2007/12/21

ISBN 9784000227698

Cコード 0033

体裁 四六 上製 カバー 226頁

定価 本体2,400円+税

在庫 在庫あり

国情報告 経済大国中国の課題

今世紀以降,中国の急進的近代化は中国国内にどのような正負の影響をもたらし,経済大国化しつつある中国の台頭は世界にどのようなインパクトを与えるのか.環境・都市化・社会問題・官僚腐敗など,客観データに基づく現状の正確な情報と,2020年までの発展戦略のシナリオを簡潔明快に提示する.

■著者からのメッセージ

2007年11月 胡 鞍 鋼
 中国の台頭は,すでに不可逆的な歴史的趨勢となってきている.その影響は,中国社会にとどまらず,全世界に及んでいる.本書は,中国はいかに台頭してきたか,どのように台頭してきたか,その影響はいかなるものなのか,といった問いに答えようとするものである.
……(中略)……
 21世紀という歴史の新しいスタートラインに立ち,中国の台頭について考えるにあたって,私は中国台頭の理論的背景に国家発展のライフサイクル理論が適用できると考えた.近代の世界史を振り返ってみれば,西側諸国の台頭と異なり,中国の台頭は,いったん衰退したあとでの台頭,つまり再台頭と言えよう.
……(中略)……
  1980年から2020年にかけて,中国は経済の近代的な離陸と台頭の時期を迎えた.今後15年間(2005―2020年)は,中国にとって世界の大国から世界の強国へ脱皮するための重要な戦略的チャンス期にあたる.2020年以降の中国は,国家発展ライフサイクルの最盛期を迎えるに違いない.  ……(中略)……
 中国の台頭は,日本にとって何を意味するだろうか.この問いに答えるには,日中両国の総合実力をいかに認識すべきかに深く関わっていて,「己を知り,相手を知る」必要がある.
……(中略)……
 中国は総人口において日本の10倍,国土面積においては25倍にものぼるため,経済規模や国際貿易総額で日本を越すのは極めて自然なことである.しかし,人口一人当たりの水準で比較した場合は,中国は日本に比べてまだ大きく遅れている.こうした事実に対して,中国はまず正しく認識しなければならない.一方で,日本も中国の台頭を発展のチャンスとして見なし,中国を正しく認識しなればならない.
 経済のグローバル化と地域の一体化の視角で,日中関係をどのように捉えるのか,また中国台頭という不可避の現実を目の当たりにして,理性的で知性的な日中関係が築けるのか.中国は東アジアで最大の投資受入れ国であるとともに,日本の最大の貿易相手国でもある.日本は中国にとって三番目に大きい貿易相手国であると同時に,最大の輸入国である.また,外貨準備で,中国と日本は世界一位と二位を占めている.
 日中経済の一体化は,想像をはるかに超えて進展している.日本と中国は,アジア地域でお互いに最大の利害関係者になっている.両国とも貿易や交流から利益を獲得できる.まさに,中国の名著『紅楼夢』の名言にある通り,「一方が損ずればもう一方も損をし,一方が栄えればもう一方も栄える」である.日中間に競争メカニズムが存在しているならば,それは競争的な協力メカニズムに他ならず,協力しながら良性的な競争関係を築け,それぞれの発展機会が拡大される.私は日中両国が「和を貴し」とするもとで平和関係を構築しなければならないと考えている.日中両国は不和になれば,お互いに損するのみならず,東アジアないしアジア全体の平和と協力も実現できない.したがって,良好な日中関係の構築は,地縁的にアジア全体の繁栄にも,アジア経済の一体化や貿易自由化の推進にも大きな外部経済性をもたらす.
……(後略)……


日本語版序文
総 論 中国台頭の意味
  一 「ドリーム」から「台頭」へ
  二 国家ライフ・サイクルと大国の台頭
  三 中国台頭の意義
第一章 緑色発展と緑色台頭
  一 黒色発展から緑色発展への転換
  二 緑色発展――中国台頭の避けて通れない道
第二章 発展の動力としての都市化
  一 経済成長を牽引する都市化
  二 都市化の地域的不均衡と経済成長
  三 中国経済の行方と都市化
  四 「三農問題」の解決と都市化
    中国の一九四九年以来の都市化過程
第三章  人間開発とソーシャル・ガバナンス
  一 人間開発の進展
  二 人間開発の不均衡
  三 中国社会の基本状況
  四 現在の中国社会をどのように認識するか
  五 「調和のとれた社会」の構築とソーシャル・ガバナンス
  六 調和のとれた社会を構築するために
  七 中国社会の安定のために
第四章 共産党の施政能力とクリーン政治体制
  一 共産党の施政能力を高めなければならない背景
  二 中国共産党の施政経験
  三 施政能力を向上させるには基本制度の構築が必要
  四 いかに共産党の施政能力を引き上げるか
  五 中国共産党中央規律検査委員会による党の監督強化と国民の直接監督
  六 中国の反腐敗の現状と評価
  七 新しい清廉政治観と国家クリーン政治体制
  八 腐敗防止研究の現状と展望
第五章  中国の台頭が世界に及ぼすインパクト
  一 中国の台頭とグローバル化
  二 世界経済や世界貿易の成長に対する貢献
  三 中国台頭が世界に及ぼすインパクト
  四 持続的発展を目指して
第六章 中国近代化の道――回顧と展望
  一 「大躍進論」から「ステップアップ論」まで
  二 「二段階論」(「両歩走」)――中国近代化の起点(1949―1977年)
  三 「三段階論」――中国式の近代化の道(1978―2001年)
  四 「新しい三段階論」――中国の全面的近代化戦略(2002―2050年)
    全面的な小康社会の目標(2020年)
    社会主義的な調和のとれた社会の内実
  五 全面的な近代化の時代へ
参考文献
訳者あとがき


胡 鞍 鋼(Hu Angang,コ・アンコウ)
中国科学院-清華大学国情研究センター主任,清華大学公共管理学院教授.91-92年エール大学経済学部研究員.中国政治経済論.
『中国国家能力報告』(共著,1993年),『中国経済波動報告』(1994年),『中国発展前景』(1999年),『中国戦略構想』(編,2002年),『影響決策的国情報告』(編,2002年),邦訳書に『かくて中国はアメリカを追い抜く―胡錦濤-温家宝体制の戦略』(2003年,PHP研究所)がある.
王 京 濱(Wang Jingbin=オウ・ケイヒン)
中国山東大学日本語学科卒.東京大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士).同大社研研究員の後,大阪産業大学経済学部准教授.中国経済論.
『中国国有企業の金融構造』(2005年,御茶の水書房).


国情報告 経済大国中国の課題

相关出版
  • 发布时间: 2019 - 08 - 09
    【内容紹介】 本書は、既刊『中国政治経済史論―毛沢東時代』に続くシリーズ第二弾である。主に1977年から90年代初めにかけて、鄧小平らが中心となり「改革開放」をスタートさせた時代を論考している。その時代は、毛沢東時代の正負両面の遺産を引き受け「中国の特色ある社会主義近代化」建設の基盤が確立された時代であり、破壊の限りを尽くした「四人組」が打倒され、極貧にあえぐ中国人民の前に生きる道すじが再び示された時代であった。 十一期三中全会を機に集団指導体制を取り戻した鄧小平ら中国共産党の指導者たちは如何にして発展、興隆、強大化の道を歩み出したのか。また、国際的には旧ソ連と旧東欧社会主義諸国の変節と崩壊、国内的には「八九」政治動乱という深刻な政治危機を如何にして乗り越え、安定的な発展を遂げることができたのか。本書は、国内外の様々な指標を世界的に対比し、膨大な客観的史料を読み解くことで分析・研究を深めている。歴史的視座を縦軸に、国際的比較を横軸に、中国の「改革開放」とめざましい経済発展の軌跡を多角的に解き明かし、現代中国研究に欠くことのできない一冊。【著者紹介】胡鞍鋼(こあんこう)1953年4月27日生まれ。清華大学人文社会科学院上席教授(資深教授)、公共管理学院教授、清華大学国情研究院院長。中国経済50人フォーラムメンバー。中国トップレベルの国家政策決定シンクタンクである清...
    作者: 胡鞍鋼
  • 发布时间: 2018 - 12 - 03
    ▷ 这是一部颠覆当今关于民主、共和普遍概念的扎实的学术研究著作。此书以翔实的史料和严谨的分析证明,在过去2600多年历史的绝大多数时间里,实现民主、共和理念的主要方式是抽选而不是选举。全书各章分别叙述了从雅典到威尼斯的民主、共和政制中,抽签所扮演的角色,包括运用抽签的原因,抽签过程如何操作,抽签对当时的政制发展起到什么作用等等,全面探讨了抽签这种遴选方式在民主、共和制度中的重要地位。作者通过大量史料,复原雅典民主、罗马共和国、佛罗伦萨共和国、威尼斯共和国的政治运作,细致展现了抽签模式在其中的具体实践。|前|言|“民主”与“共和” 这两个词, 大家已经耳熟能详, 尤其是“民主”, 是一个极其时髦的词, 人们几乎每天都见到它, 听到它。媒体上有它, 课堂上有它, 研讨会上有它, 政府文件中有它, 游行队伍里有它, 日常对话中有它, 互联网上它更是随处可见。夸张一点说, “民主”这个词在现代社会几乎无所不在。说到“民主”理念的实现方式,人们首先联想到的恐怕是一人一票的选举,是自由的、不受约束的、竞争性的、多党之间的选举。在很多人的理解中,民主与选举几乎是同义词:民主就意味着选举,选举就表明有民主。然而,在被很多人奉为“民主发源地”的古希腊雅典城邦,民主不仅没有采取一人一票的方式进行选举,而且选举根本就不是古希腊城邦实现民主的主要方式。古希腊城邦实现民主的主要方式是随机抽签!在本书中...
    作者: 王绍光
想和朋友一起浏览我们的网站 快分享到以下社区吧
发邮件给我们 希望收到大家的留言噢
看论文 > 提供海量中英文文献的学术资源平台,涵盖了各类学术期刊 会议论文,旨在为国内外学者提供最好的科研体验。
看视频 > 免费为您提供实用的大学视频教程在线观看,希望您能从中学 习到有关大学方面的知识。
看资讯 > 每日最新的国内、国际热点资讯,,不出门便知天下事
地址:北京市海淀区清华大学公共管理学院219 电话:010-62772199 邮箱:ccsoffice@tsinghua.edu.cn
Copyright ©2005 - 2013 清华大学国情研究院
犀牛云提供企业云服务