• 清华大学国情研究院
    9月24日,“一带一路”设施联通专题培训研修班在清华大学公共管理学院开讲,清华大学国情研究院院长胡鞍钢教授应邀为来自中国、泰国、马来西亚、缅甸、新加坡、印度尼西亚、密克罗尼西亚(西太平洋岛国)和中国台...
    发布时间: 2017 - 09 - 27
  • 《人民论坛》杂志及人民论坛网微信
    来源 | 《人民论坛》杂志及人民论坛网微信作者 | 清华大学公共管理学院教授、博导,清华大学国情研究院院长 胡鞍钢习近平总书记立足于社会主义初级阶段的总依据,明确提出实现中华民族伟...
    发布时间: 2017 - 09 - 04
  • 央视财经频道《对话》栏目
    在一项由“一带一路”沿线20国青年参与的评选中,高铁、支付宝、共享单车和网购被称作中国“新四大发明”,成为外国友人“最想带回自己国家的生活方式”。近日,央视著名《对话》栏目以中国“新四大发明”为话题,...
    发布时间: 2017 - 09 - 12
  • 简介本书收录了清华大学国情研究院2015年度重点研究报告。书内文章的作者均为清华大学国情研究院或者国内相关领域知名专家学者和研究机构;使用的数据和资料均来自公开出版物或者作者的调研成果,不涉及任何国家...
    领域:
  • 本书由中国国情研究领域的开拓者和领军人物胡鞍钢教授主持撰写,围绕“2050中国”这一主题进行专题研究,从更加专业化、更全面的视角分析到2050年的中国发展大趋势,前瞻性地提出2050年全面实现社会主义...
    领域:
  • 【内容提要】 冷战结束以来,全球格局并未因分化重组而明朗,引起了广泛的争论。本文引入马克思“两极相联”概念,并加以拓展, 用以概括全球秩序趋向。随着中国综合国力不断提升,中国逐步成长 为全球...
    领域:
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
  • 胡鞍钢,1953年生,中共十八大代表,现任清华大学国情研究院院长,清华大学公共管理学院教授、博士生导师,在国内外享有盛誉的国情研究(当代中国研究)领域的开拓者和领军人物。先后兼任国家“十一五”、“十二...
    领域:
  • 国务院学位委员会化工学科评议组召集人(第三届、第四届)。北京市政府专业顾问(第四届至第六届)、中国颗粒学会、中国化工学会常务理事,中国生态经济学会副理事长,中国环境学会顾问。北京化工大学、哈尔滨工业大...
    领域:
  • 杨庆育,男,汉族,1956年3月生,湖南常德人,研究生,管理学博士,高级经济师,1977年6月参加工作,1987年9月加入中国共产党。现任重庆市人大常委会副主任、党组成员。
    领域:
  • 发布时间: 2014 - 07 - 01
    常见的解决方法是把触控屏幕搭配整合触觉反馈模块,再利用系统底层的互动设计,去改善HMI表现,或透过模拟去达到接近原有实体按键的操作体验,目前虽然整合触觉反馈的行动装置有限,碍于硬件成本可能会因此增加,但随着平板计算机、智能型手机等触控面板持续增大,虚拟键盘应用比例逐渐增加,也会令触按反馈的解决方案使用需求逐步提升。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
MMC-ST系列,让飞行变得更简单。
出版
出版:
全部
决策咨询出版物 中外文图书 重要期刊论文 工作论文
颜色: 全部 银白色 红色 黑色
排序: 默认 价格 销量 按时间排序
活动: 全部 本月推荐 限时促销 热销商品 按时间排序
价格: —— 查询 仅显示有货
    • [日]中国政治経済史論ー毛沢東時代 (1949~1976)
    • 名称: [日]中国政治経済史論ー毛沢東時代 (1949~1976)
    • 时间: 2017 - 12 - 22
    • 中国政治経済史論ー毛沢東時代(1949~1976)
      The Political and Economic History of China (1949-1976)
      共産党指導者層に反響を巻き起こした「話題の書」の邦訳版、ついに出版!


      「功績七分、誤り三分」といわれる毛沢東時代はいかにして生まれたのか。膨大な資料とデータを駆使して新中国建国から第一次五カ年計画、大躍進、人民公社、文化大革命へ連なる政治経済史を立体的に描き、毛沢東時代の功罪と「中国近代化への道」を鋭く分析した渾身の大作。


      【内容紹介】
       本書は1949年の新中国成立から1976年の文化大革命終了まで、すなわち、毛沢東が共産党の指導者として中国を率いた時代の政治と経済の流れを、「中国の特色ある社会主義近代化建設」の歩みに政治と経済の両面から詳細に分析した大著である。
       悠久の歴史があり、人口が多く、経済的に立ち遅れた大国で、共産党の指導者たちはいかにして工業化、都市化、そして近代化を成し遂げたのか。そして、幾多の社会変革を経て、今日につながる「富民強国」という目標を実現してきたのか。本書は、国内外の権威性のある膨大な政治史料と経済データを縦横に駆使し、それらの疑問に答えるとともに、1949年から1976年の「毛沢東時代」における重大な歴史的事件や政治・経済問題(「大躍進」、経済調整期、「文化大革命」など)について分析・評価をおこなっている。
       歴史的な視座を縦軸に、国際的な比較を横軸にし、中国の社会主義発展の道筋を重層的に編んだ本書は、現代中国を理解する上でも欠かせない一冊。


      -------------------------------------------------------
      胡鞍鋼先生の著書一覧と、マスコミに取り上げられた 書評特集はこちら
      -------------------------------------------------------


      【著者紹介】
      胡鞍鋼(こあんこう)
      1953年生まれ。清華大学公共管理学院教授、同大学国情研究院院長。中国共産党第18回党大会代表。国家「第11次五カ年計画」「第12次五カ年計画」「第13次五カ年計画」専門家委員会委員、中国経済50人フォーラムメンバー。
      自身が主導し創設した清華大学国情研究院は、国内一流の国家政策決定シンクタンクである。国情研究に従事して30年来、出版した国情研究に関する専門書・共同著書・編著・外国語著書は100以上に及ぶ。邦訳に『中国のグリーン・ニューディール』、『SUPERCHINA~超大国中国の未来予測~』、『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』、『習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン』『中国集団指導体制の「核心」と「七つのメカニズム」―習近平政権からの新たな展開』(以上、日本僑報社)などがある。
      中国国家自然科学基金委員会傑出青年基金の援助を獲得する。中国科学院科学技術進歩賞一等賞(2回受賞)、第9回孫冶方経済科学論文賞、復旦管理学傑出貢献賞などを受賞。


      【訳者紹介】
      日中翻訳学院本書翻訳チーム
      日中翻訳学院(http://fanyi.duan.jp/)は、日本僑報社が2008年9月に設立した、よりハイレベルな日本語・中国語人材を育成するための出版翻訳プロ養成スクール。


    • 求职者: 胡鞍鋼
    • 作者: 胡鞍鋼
    • 性别: 書名 中国政治経済史論 毛沢東時代(1949~1976)著者 胡鞍鋼訳者 日中翻訳学院本書翻訳チーム出版 日本僑報社判型 A5判 712頁(上製本)定価 16000円+税発行 2017年12月26日ISBN 978-4-86185-221-3C0036注文先 http://duan.jp/item/221.html
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • The Modernization of China’s State Governance
    • 名称: The Modernization of China’s State Governance
    • 时间: 2017 - 10 - 01
    • This book elaborates on how China’s previous leaders established, consolidated, developed and improved China’s basic modern governance system. It also explores and discusses how to correctly, objectively and scientifically perceive, evaluate and promote the modernization of China’s state governance and its capacity. Using detailed and accurate data and extensive background information, this book analyzes the changing history and future perspectives of the relationship between China’s government and the market, state-owned economy and private economy. Covering an extensive timespan, this comprehensive book includes contributions from Chinese scholars specialized in contemporary China studies discussing the major breakthroughs and decision-making consultations in Chinese development strategies. It also offers insights into the research mechanism and development levels of Chinese think tanks based at research institutes. Last but not least, it sheds light on the democratic advances in the Chinese decision-making process.


      • Angang Hu, a leading expert in China Studies, is a professor at the School of Public Policy and Management and Dean of the Institute of Contemporary Studies, Tsinghua University. He is a representative of the 18th CPC National Congress Committee of the13th Five Year Plan and an NDRC expert. He received the Honorable Doctorate awarded by the Russia Academy of Science’s Institute of Far East Studies.


      • Acknowledgements

      • On the completion of this book, I should like to express my deepest gratitude to all my colleagues and students, whose hard work and efforts have made this work possible. Doctor Yan Yilong assisted me in organizing the special study on the ‘Modernization of China’s National Governance’ selected by Research Institute of National Conditions, and acted as one of its authors. My young doctoral students Tang Xiao and Yang Zhusong have been directly involved with the writing, organization of material, research and calculations, editing, and modification, for which they deserve respect.


      The updated online version of this book can be found at http://dx.doi.org/10.1007/978-981-10-3370-4



    • 求职者: Angang Hu
    • 作者: Angang Hu
    • 性别: Book Title: The Modernization of China’s State GovernanceAuthors:Angang HuCopyright, 2017Publisher, Springer SingaporeCopyright Holder, Springer Nature Singapore Pte Ltd.eBook ISBN, 978-981-10-3370-4D...
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • [日]中国集団指導体制の「核心」と「七つのメカニズム」
    • 名称: [日]中国集団指導体制の「核心」と「七つのメカニズム」
    • 时间: 2017 - 10 - 01
    • 中国では2012年の第18回党大会で、習近平を総書記とする新指導部が発足。その後、習近平は2016年10月の六中全会で「党中央の核心」と位置づけられた。本書は、その含意を読み解くとともに、習体制下で強化された集団指導体制の七大メカニズムを分析する。

      2017年秋の第19回党大会で決定される中国新体制の重要ポイントを理解するための必読書!


      【目 次】
      序 論 中国政治制度の成功の鍵
      第一章 核心の本質を正確に理解する
      第二章 核心的地位の深い理解
      第三章 集団指導五大メカニズムの発展
      第四章 集団外交制の強化
      第五章 集団自律制の強化
      第六章 集団指導体制の堅持と発展


      【著者紹介】
      胡鞍鋼(こあんこう)
       1953年生まれ。清華大学公共管理学院教授、同大学国情研究院院長を務め、中国共産党第18回党大会代表。国家「第11次5カ年計画」「第12次5カ年計画」「第13次5カ年計画」専門家委員会委員、中国経済50人フォーラムメンバー。
      自身が主導し創設した清華大学国情研究院は、国内一流の国家政策決定シンクタンクであり、中国共産党中央宣伝部が建設する国家ハイエンドシンクタンクの第1期モデルケース25機関に選ばれている。国情研究に従事して30年来、出版した国情研究に関する専門書・共同著書・編著・外国語著書は100以上に及ぶ。
      邦訳に『中国のグリーン・ニューディール』、『SUPERCHINA~超大国中国の未来予測~』、『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』、『習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン』(以上、日本僑報社)などがある。中国国家自然科学基金委員会傑出青年基金の援助を獲得する。中国科学院科学技術進歩賞一等賞(2回受賞)、第九回孫冶方経済科学論文賞、復旦管理学傑出貢献賞などを受賞。

      楊竺松(ようちくしょう)
      清華大学工学学士、同大学管理学(マネジメント)博士。現在、清華大学国情研究院研究助手を務め、公共管理学院博士号を取得し、主に中国共産党幹部制度、指導体制を研究する。政策決定の内部参照である『国情報告』を20編近く執筆し、論文10編以上、中国語著作2冊を発表している。

      【訳者紹介】
      安武真弓(やすたけまゆみ)
      長崎県出身。広島大学総合科学部総合科学科で中国語を専攻する。仕事の傍ら、民間の語学学校などで中国語の勉強を続ける。現在は、日中翻訳学院『武吉塾』で学んでいる。


    • 求职者: 胡鞍鋼、楊竺松
    • 作者: 胡鞍鋼、楊竺松
    • 性别: 中国集団指導体制の「核心」と「七つのメカニズム」―習近平政権からの新たな展開―著者 胡鞍鋼、楊竺松訳者 安武真弓出版 日本僑報社判型 四六版 176頁定価 1900円+税発行 2017年12月1日ISBN 978-4-86185-245-9 C0036注文先 http://duan.jp/item/245.html
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • [日]習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン
    • 名称: [日]習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン
    • 时间: 2017 - 09 - 13
    • 保護主義の台頭や経済減速で世界が揺れる中、「一帯一路」などグローバルな政策で大国としての存在感を増す中国。2017年秋には5年に一度の党大会が開かれ、中国政治の重要課題に関する決定が行われる。注目されるのが、経済の「新常態」の下で進められる中国の新ガイドライン「六大発展理念」だ。本書は、人民を中心として推進されるこの六大理念「イノベーション、調和、グリーン、開放、わかち合い、安全」について、習近平政権ブレーンの第一人者である胡鞍鋼氏(清華大学教授)がわかりやすく解き明かす。中国のいまとこれからを知る上で必読の一冊!

      第一章 イノベーションの発展理念:革新/変革/改革
      第二章 調和の発展理念:協調/バランス
      第三章 グリーンの発展理念:環境配慮/エコロジー
      第四章 開放の発展理念:オープン/グローバル
      第五章 わかち合いの発展理念:共有/シェア
      第六章 安全の発展理念:安全保障/セキュリティ/セーフティ
      第七章 中国独自の発展の道


      【著者代表紹介】
      胡鞍鋼(こあんこう)
      1953年生まれ。現在、清華大学公共管理学院教授、同大学国情研究センター長。「第13次五カ年計画」専門家委員会委員などを歴任。各種の専門書、国情研究シリーズなど、80冊以上出版。邦訳に『中国のグリーン?ニューディール』、『SUPERCHINA~超大国中国の未来予測~』、『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』、『中国政治経済史論(出版予定)』(以上、日本僑報社)などがある。中国国家自然科学基金委員会傑出青年基金の援助を獲得する。中国科学院科学技術進歩賞一等賞(2回受賞)、第九回孫冶方経済科学論文賞、復旦管理学傑出貢献賞などを受賞。


      【訳者紹介】
      日中翻訳学院『習近平政権の新理念』翻訳チーム(代表高橋静香)
      日中翻訳学院は、日本僑報社が2008年9月に設立した、よりハイレベルな日本語・中国語人材を育成するための出版翻訳プロ養成スクール。


    • 求职者: 胡鞍鋼、鄢一龍、唐嘯
    • 作者: 胡鞍鋼、鄢一龍、唐嘯
    • 性别: 書名 習近平政権の新理念―人民を中心とする発展ビジョン―著者 胡鞍鋼、鄢一龍、唐嘯訳者 日中翻訳学院『習近平政権の新理念』翻訳チーム(代表高橋静香)出版 日本僑報社判型 四六判 192頁定価 1900円+税発売 2017年9月13日ISBN 978-4-86185-233-6  C0036注文先 http://duan.jp/item/233.html
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • China: Tackle the Challenge of Global Climate Change
    • 名称: China: Tackle the Challenge of Global Climate Change
    • 时间: 2017 - 01 - 01
    • Global climate change is one of the challenges ever to confront humanity with the largest scale, widest scope and most far-reaching influence. As the biggest developing country with the largest population, China is the world’s leading consumer of coal and energy, and one of the worst-hit victims of global warming. Consequently, China should assume its responsibility in making contributions to global sustainable development.

      Based on the principles of fairness and efficiency, this study creatively puts forward two principles of global governance on climate change. The first entails replacement of the two-group schema of developed and developing countries with a four-group model based on the Human Development Index (HDI). The second entails application of the resulting model to specify the major emitters as principal contributors to emission reduction. In addition, it proposes a two-step strategy for China to tackle the issue of climate change. This book makes it clear that China should proactively engage in relevant international cooperation, actively participate in international climate negotiations, make clear commitments to reduce emissions, and assume the obligations of a responsible power to achieve sustainable and green development.


      Table of Contents

      List of Figures. List of Tables. Preface. Chapter 1 Introduction: Climate Change and Human Development Chapter 2 The International Context of Climate Change Negotiations and the Dawn of the Paris Climate Conference Chapter 3 Global Governance of Climate Change: Reaching a Global Emission Reduction Agreement Chapter 4 Climate Change and China: Threats and Challenges Chapter 5 National Governance of Climate Change: A Roadmap for China’s Emission Reduction Chapter 6 Addressing Climate Change and Achieving a Low-Carbon Economy: the Road Ahead for China Chapter 7 Global Significance and Strategic Consensus Postscript. Bibliography. Index


      About the Authors

      Angang Hu is one of the pioneers and leading authorities in the realm of Contemporary China Studies. He now serves as the Dean of the Institute of Contemporary China Studies and Professor of School of Public Policy and Management, Tsinghua University.

      Qingyou Guan graduated from Chinese Academy of Social Sciences with a doctorate in economics. His research interests include economic and financial theories, energy, climate change and carbon currency, etc.


    • 求职者: Angang Hu, Qingyou Guan
    • 作者: Angang Hu, Qingyou Guan
    • 性别: By Angang Hu, Qingyou Guan© 2017 –Routledge172 pages | 15 B/W Illus.
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • China 2030
    • 名称: China 2030
    • 时间: 2016 - 09 - 03
    • This book offers a view of China and the world in the year 2030. Here, Chinese scholars describe major developments and trends in China and the world at large, anchoring their predictions in a historical and worldwide perspective.


    • 求职者: Angang Hu
    • 作者: Angang Hu
    • 性别: Angang HuPaperback: 153 pagesPublisher: Springer; Softcover reprint of the original 1st ed. 2014 edition (September 3, 2016)Language: EnglishISBN-10: 3662510340ISBN-13: 978-3662510346Product Dimension...
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • [日] 中国の発展の道と中国共産党
    • 名称: [日] 中国の発展の道と中国共産党
    • 时间: 2016 - 01 - 01
    • 中国の発展において中国共産党の果たしてきた役割を解明する。
      中国の発展の全体像を見渡すにあたって必読の一冊。


      【内容紹介】
      本書は中国の歴史的状況から現在の発展している状況までを分析。中国共産党がその発展においてどのような役割を果たしたのか全面的かつ詳細に分析を行った一冊。

      【著者紹介】
      胡鞍鋼(こ あんこう)
      1953年生まれ。現在、清華大学国情研究センター長、同大学公共管理学院教授、博士課程の指導教官を務める。「第13次五カ年計画」専門家委員会委員。邦訳に『中国のグリーン・ニューディール』『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』(共に日本僑報社)他多数。

      王紹光(おう しょうこう)
      香港中文大学政治公共行政系教授。清華大学長江講座教授。著名な政治学者で、政治学の本土化の道を切り開いたパイオニア。

      周建明(しゅう けんめい)
      元上海社会科学院アジア太平洋研究所所長、現上海社会科学院社会発展研究院院長、社会学研究所所長。主な著書に『美国安全解読』『和諧社会構建』など。

      韓毓海(かん いくかい)
      北京大学中国言語文学系教授。中国の思想文化界に大きな影響力を持つ著名な学者。代表作『五百年来誰著史』は2010年の優秀ベストセラー書籍ランキングで総合一位を取得し、当該書籍の独創的な成果は党政の指導、学術界のみならず一般の読者の強烈な共鳴を得た。

      【訳者紹介】
      中西真(なかにしまこと)
      1968年兵庫県生まれ。明治大学工学部卒。住宅機器メーカーに勤務後、中国人民大学に短期留学し、中国語を学ぶ。帰国後、出版翻訳を学ぶべく日中翻訳学院「武吉塾」にて武吉次朗先生に師事、現在に至る。主な受賞歴はNHKWorld Chineseパーソナリティー大会優勝(2014年)、日中友好協会中国語スピーチコンテスト東京大会 弁論の部優勝(2014年)。訳書に第4回翻訳新人賞を受賞した『日本人には決して書けない中国発展のメカニズム』(日本僑報社)がある。


    • 求职者: 胡鞍鋼、王紹光、周建明、韓毓海
    • 作者: 胡鞍鋼、王紹光、周建明、韓毓海
    • 性别: 中国の発展の道と中国共産党著者 胡鞍鋼、王紹光、周建明、韓毓海訳者 中西真出版 日本僑報社判型 A5版 203頁定価 3800円+税発行 2016年12月23日ISBN 978-4-86185-200-8 C0036注文先 http://duan.jp/item/200.html
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
    • [日]中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画
    • 名称: [日]中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画
    • 时间: 2016 - 01 - 01
    • 「2016年は中国にとって、小康(ややゆとりのある)社会の全面的完成の最終段階の始動の年であり、構造改革の難関を攻略する年でもある。この年、中国は壮大な計画を大いに展開する」として、今年の全人代で正式に採択される「第13次五カ年計画」(2016-2020年、「十三五」)の綱要に関する論文を発表。


      【内容紹介】
      第13次五カ年計画では、小康社会の2020年までの全面的完成という主要目標や主要指標、重大な意義を持つ国家戦略、象徴的な国の重大インフラ、重大事業、実用的な重大措置、重要政策などが明快に打ち出されるほか、「中国の経済・社会発展をさらに新たな段階へと押し上げ、全民に恩恵を及ぼすさらに高水準の小康社会の全面的完成を確保する」という「五大発展理念」などが策定される。
      中華人民共和国の建国100年に当たる2049年までに、富強、民主、文明、調和の社会主義近代化国家を建設するという中国の「百年目標」を達成するために、「第13次五カ年計画」は重要な位置を占めると本書は述べる。
      中国政策科学における最も権威ある著名学者が、国内刊行に先立ち「第13次五カ年計画」の綱要に関してわかりやすく紹介した『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』。中国の新政策や将来計画について関心のある日本の中国研究者、ジャーナリストはもとより、中国理解をより深めたい一般読者にも大いに参考になる1冊だ。
      なお本書は、日本僑報社がこのほど設立した「胡鞍鋼学術著作翻訳促進委員会」による胡鞍鋼氏の学術著作の日本語翻訳出版プロジェクトの一環。
      http://duan.jp/news/jp/20160110.htm 
      同社はこれに先立つ2014年、胡鞍鋼氏の著作の日本語版となる『中国のグリーン・ニューディール』(http://duan.jp/item/134.html)を出版し、日中両国で高い関心を集めた。
      -------------------------------------------------------
      マスコミに取り上げられたこの本の 書評はこちら
      -------------------------------------------------------

      【目次】(要訳)
      一、第12次五カ年計画(「十二五」)時期をいかに評価するか?
      二、「十三五」時期の位置付け:決勝段階
      三、五大発展理念が「十三五」をリードする
      四、「十三五」時期に関する主要目標
      五、「十二五」と「十三五」との計画比較
      六、中間総括:小康社会総目標の全面的実現を予定通り確保する
      -------------------------------------------------------

      なお本書は、日本僑報社がこのほど設立した「胡鞍鋼学術著作翻訳促進委員会」による胡鞍鋼氏の学術著作の日本語翻訳出版プロジェクトの一環。
      http://duan.jp/news/jp/20160110.htm 
      同社はこれに先立つ2014年、胡鞍鋼氏の著作の日本語版となる『中国のグリーン・ニューディール』(http://duan.jp/item/134.html)を出版し、日中両国で高い関心を集めた。
      -------------------------------------------------------

      【胡鞍鋼氏略歴】
      1953年生まれ。現在、清華大学国情研究センター長、同大学公共管理学院教授、博士課程の指導教官を務める。「第13次五カ年計画」専門家委員会委員。各種の専門書、共著、国情研究シリーズ著書など、80冊以上出版。最近の著書は、『Chinain 2020: A New Type of Superpower』『2030中国:共に豊かに』『中国の道・中国の夢』など。中国国家自然科学基金委員会傑出青年基金に援助。中国科学院科学技術進歩賞一等賞(2回受賞)、第九回孫冶方経済科学論文賞、復旦管理学傑出貢献賞などを受賞。

      【訳者紹介】小森谷玲子(こもりや・れいこ)
      名古屋生まれ。北海道大学農学部農業経済学科卒業。2004年に中国語の勉強を始め、2006年北京語言大学、2008年北京民族大学に短期留学。2010年より日中翻訳学院で本格的に翻訳を学び始める。その後、法律に関する翻訳業務、中国児童援助団体での翻訳業務に就く。現在も、日中翻訳学院に在籍中。


    • 求职者: 胡鞍鋼
    • 作者: 胡鞍鋼
    • 性别: 『中国の百年目標を実現する第13次五カ年計画』著者 胡鞍鋼訳者 小森谷玲子出版 日本僑報社判型 四六判120頁 並製定価 1800円+税発行 2016年3月31日ISBN 978-4-86185-222-0 C0036注文先 http://duan.jp/item/222.html
    • 居住地:
    • 学历:
    • 薪资:
想和朋友一起浏览我们的网站 快分享到以下社区吧
发邮件给我们 希望收到大家的留言噢
看论文 > 提供海量中英文文献的学术资源平台,涵盖了各类学术期刊 会议论文,旨在为国内外学者提供最好的科研体验。
看视频 > 免费为您提供实用的大学视频教程在线观看,希望您能从中学 习到有关大学方面的知识。
看资讯 > 每日最新的国内、国际热点资讯,,不出门便知天下事
地址:北京市海淀区公共管理学院216 电话:010-62784136 邮箱:ccs@tsinghua.edu.cn
Copyright ©2005 - 2013 清华大学国情研究院